陶芸家MAJOについて

プロフィール


物心ついた時にはすでに陶芸体験は始まっていました。

十数年前、県立工房の
陶芸指導員として活動開始
ここ数年は主に作品制作&発表をメインに活動しております。


数回に渡り旅行で訪れたスペインに
2002年秋から陶芸文化交流のインターンとして滞在。
窯元の町に家族のように受け入れてもらい
っかり馴染んで2年後日本へ帰国。

スペインの窯元との交流は現在も続き、
大地の力をおかりして
日本とスペインを自然成り自分成りに繋いでゆきます。

+++++++++++++++
近年までの主な活動歴

1995〜2002 神奈川県立藤野芸術の家 立ち上げメンバー。工房指導員。

2002〜2004 ラ・ランブラ市(スペイン)国際文化交流
陶芸インターンとして渡西

2003.7.Casa Museo Alfonso Ariza 企画現代陶芸プロジェクト参加
同年7月〜12日末日まで同美術館にて企画展示

2003.8. 第73回 ラ・ランブラ陶芸コンクール装飾部門入選

2003.11. 心象画展"IMPRESION DE DIARIO"
    ラ・ランブラ市役所サロン於

2004.2.〜5. ラ・ランブラ市主催 絵画コース講師

2004.8. 第74回ラ・ランブラ陶芸コンクール
装飾部門 第一位
       (市立伝統陶芸美術館収蔵)

2005.9.〜06.4. ベルギー国際茶碗展出品
       HET LAATSTE HUIS, VZW.主催

2007.8. 第77回ラ・ランブラ陶芸コンクール
デザイン&自由造形部門 第ニ位
        (市立伝統陶芸美術館収蔵)

2016.7. 個展「Mitologia japonesa」
     Torre'on del Castillo美術館企画(スペイン)

2016.8. 第86回la Rambla陶芸EXPO 招待出展(スペイン)


国内では、2005年より現在まで、
企画展、ワークショップ、デパート出展など多数。

2007.4.〜2015.5. 東京都江東区文化センターパルシティ
陶芸教室講師。

2007.10.〜鎌倉葉っぱ小屋「土の日」講師

+++++++++++++++

-
好きな本-
「古事記」
レオ・レオーニ「間の本」
手塚治虫「火の鳥〜鳳凰編」

-
好きな絵画-
伊藤若冲の描く鳥類
フランチェスコ・クレメンテの水彩画

-
好きな彫刻家-
エドゥアール・サンド Edouard M.Sandoz
(未だかつてあれ程幸福感を与える彫刻は他に知らない)

-趣味-
舞台鑑賞(主にミュージカル、歌舞伎、オペラ)

- すきな食べ物&飲み物-
梅。シルエラ。和歌山の桃。日本茶。

-その他-
獅子座、左利き、
極度のアルコールアレルギー

+++++++++++++++